ArmzNET

業務内容


プライバシーマーク取得・更新支援

多かれ少なかれ、個人情報を取り扱っていない企業はありません。個人情報保護の取組姿勢は、企業としてのモラルとなっています。個人情報保護法や不正アクセス防止法などは、あくまでも法律です。
顧客からみて、企業が適切に個人情報を取り扱っているか、適切な管理がされているかは重要な問題です。
また、企業自身にとっても、震災以降、事業継続などリスクマネジメントが重要視される中、プライバシーマーク制度を導入し、自社業務の整理なども含め、経営ツールとして活用することが可能です。

また、事業委託ため、その企業の信用力や内部統制を見極めるための一手段として、官公庁や大手企業の入札・委託条件にもなっています。
ただ、認証は奥が深く、認証のマークを取るだけでは本当のマネジメントシステムを構築することはできません。
規程や記録様式だけの作成は、業務を増やし、従業員の負担となるだけであり、意味のあるものとなりません。

プライバシーマーク主任審査員の私が、プライバシーマーク取得および更新審査の実践に沿ったコンサルを行います。
単にプライバシーマークを取得するだけでなく、事業のためになる意味のあるマネジメントシステムを導入して、企業を活性化しましょう。

プライバシーマークとは

情報セキュリティコンサルティング・ISMS取得支援

インターネットの拡大や情報技術の高度化、小型化により、日本国内にとどまらず海外からのアタック、社内からの漏洩など、情報セキュリティをどう行うか真剣に考える時期になってきています。単に技術的な解決だけでは、イタチゴッコになり、いくら費用をかけても追いつきません。このような情報セキュリティの問題について、コンピュータ業界に25年携わり、汎用機からウェブ系ネットシステムまで各業種の開発・保守に携わってきたシステム監査技術者が分析しアドバイスいたします。
ISMS等情報セキュリティで、一番難しいリスクアセスメントの部分をわかりやすく解説し、導入・改変させていただきます。ISMS取得・更新を考えられている事業者の方々、まずはご連絡ください。

システム監査導入サポート・システム監査

2004年10月8日に改訂されたシステム監査基準では、情報システムに関するリスクに対するコントールというポイントが強調され、リスクコントロールの比重が高まっています。特に、官公庁や大手企業などにおいての取り組みが重要視されるようになっており、その取り組みをシステム監査技術者がコンサルいたします。
システム監査については、専門家集団でチームを組んで行います。

企業システム化支援

汎用機からウェブシステムまで、各種開発・設計を行ってきた経験から、企業に合ったシステム化を支援いたします。
システム化は利用の仕方を間違えると、企業の足かせになります。
一方、上手に使えば、すばらしいツールとなり、更なる事業の拡大にも繋がります。
ITを活用し、新しい市場開拓、業務効率化を行いましょう!

プライバシーマーク審査

プライバシーマーク審査とは、日本情報処理開発協会から認定登録された、プライバシーマーク審査員が事業者の個人情報保護のマネジメントシステムが、日本工業規格の定めるJISQ15001「個人情報保護マネジメントシステム─要求事項」に準拠しているかを、社内規定整備状況、その運用状況、安全管理面を、主任審査員と審査員のペアで審査を現地実施し、その状況を確認し、合格水準に達しているか判断し、第三者委員会にて認可判定を行うものです。
詳細は、アームズネット荒添ara@armznet.co.jp、もしくは各審査機関にお問合せください。
参考:くまもと産業支援財団http://www.kmt-ti.or.jp/privacy/までお問合せください。